FC2ブログ
line-s
01.20
S60crown.jpg

先日、マイカーの点検で代車をお借りした。
某軽自動車のアイドリングストップ付き。
いつもと違う車を乗ると言うのは、不慣れな反面、新鮮な気持ちで車と対峙できる楽しみがある。
信号待ちで、ブレーキに足をかけ完全に車がストップするとエンジンも止まる。
坂道でブレーキを放しても後退する事もない。
噂には聞いていたが、なんとも不思議な感覚。
そしてアクセルを踏むと、少しタイムラグはあるもののそれほどストレスもなく再始動(発進)。
実はこのアイドリングストップ機能を世界で一番最初に搭載したのは、日本のトヨタ4代目クラウン(1970~1974通称クジラ)。
先日も「燃料電池自動車(FCV)」を発表したばかりだが。
当時は東京地区限定のオプション。現在よりも実用性に乏しく、その大きな原因はバッテリーやセルモーターなどの周辺技術が追いついていなかった事もあって、普及しなかったそうだ。
しかし、40年も前にこのイノベーションを試みていたトヨタ。
今度のFCVも40年もかからぬアップテンポで普及していくのかも知れない。

TOYOTA FCV

スポンサーサイト




トラックバックURL
http://kyotoseikaplusalpha.blog.fc2.com/tb.php/70-3c4af8da
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

FC2USER847228QIC

Author:FC2USER847228QIC
京都生花BLOG
「+α」(プラスアルファ)
情報システム課からの発信です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top