FC2ブログ
line-s
09.24


「命の花プロジェクト」 ~青森県立三本木農業高等学校~

これは青森の高校生が、動物愛護センターの見学をきっかけに始まった活動。
捕獲され、持ち込まれたりした犬や猫が殺処分されていることや、処分後に残る遺骨は廃棄物として捨てられていることを知り、大きなショックを受ける。

自分たちにも何かできることはないか?
そう考えた生徒達が発案したのが「骨を土に混ぜ、花を咲かせる」というものだった。
この花を多くの人に広める事で「殺処分」の現実を伝えることができる。
ゴミとなり終わるのではなく、植物になってもう一度生まれ変わることができる。
動物の骨の含有されるリン酸カルシウムは花つきをよく育てるという。

inochi002.jpg

この活動には賛否両論を唱えられたようですが、活動を発表した全国大会で「最優秀」「文部化学大臣賞」などを受賞。
現在ではマスコミの取材をはじめ、学校の道徳授業にも取り扱われる広がりを見せています。
喜びや悲しみになど、花が伝えるものは数多くありますが、命の尊とさや、その考え方を改めて問う、この花のあり方に深く感銘を受けました。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://kyotoseikaplusalpha.blog.fc2.com/tb.php/29-6021ff91
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

FC2USER847228QIC

Author:FC2USER847228QIC
京都生花BLOG
「+α」(プラスアルファ)
情報システム課からの発信です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top