FC2ブログ
line-s
09.20
松尾002jpg

京都の東、八坂神社に対し、西に位置するのが京都最古の社とされる「松尾大社」
ご存じの方も多いと思いますが、ここは日本第一の醸造の祖神として有名です。
全国の酒造家はここの水を酒の元水として、造り水に混ぜて使うこともあり、格別な尊崇を受けています。
先日この神社へ、散歩がてらに参拝した時に見慣れぬ光景を目にしました。
写真のように鳥居のしめ縄にぶらさがっているのは?いったい何?

松尾001

調べてみました。
実はこれ「榊」の小束で農作物の出来具合を占った太古の風習で脇勧請(わきかんじょう)と言われていて、小束の数は十二(閏年は十三)で、榊が完全に枯れれば豊作とされており、全国では見られない、大変珍しいここだけの習わしだそうです。
この榊を納めているのは当市場の関係者なのか....
何はともあれ、なんともスピリュアルな光景......
お近くにおいでの折にはこの鳥居を是非、ご覧ください。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://kyotoseikaplusalpha.blog.fc2.com/tb.php/28-debf58fe
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

FC2USER847228QIC

Author:FC2USER847228QIC
京都生花BLOG
「+α」(プラスアルファ)
情報システム課からの発信です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top