FC2ブログ
line-s
08.20


「エディブルフラワー」...直訳すると食べられる花、つまり「食用花」となるわけです。
栄養価も野菜に引け劣らずビタミン、繊維を多く含んでおり世界的にも注目されています。

日本でも花びらを食べる習慣は、江戸時代から始まり、その数ある中でも独特の香りと風味、味の良さで「食用菊の横綱」評されるのが山形県名産の「もってのほか」。
正式名は「延命楽」ですが「もってのほか」という愛称の方が広く知られています。
この名の由来は、天皇の御紋である菊の花を食べるとは「もってのほか!」と叱責された事が始まりだとか.....
ちなみに最近知ったおもしろい名前に「さつきみどり」と言うキュウリがありました。



スポンサーサイト




トラックバックURL
http://kyotoseikaplusalpha.blog.fc2.com/tb.php/12-a2e83a2b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

FC2USER847228QIC

Author:FC2USER847228QIC
京都生花BLOG
「+α」(プラスアルファ)
情報システム課からの発信です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top