FC2ブログ
line-s
12.27
2020年 新年にあたり

明けましておめでとうございます。
皆様方には健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。
また、日頃から温かいご支援ご協力を賜り、心からお礼申し上げます。
 昨年は、新たな時代「令和」が始まったことに期待を寄せ、秋のラグビーワールドカップでは、国中が盛り上がったことは記憶に新しいところです。
そして今年は、花業界の長年の思いが届き「東京オリンピック・パラリンピック」においてビクトリーブーケが復活採用され8月に開催を迎えます。
しかしながら、一方で毎年繰り返される台風被害が昨年も花産地を襲う結果となり、高齢化や人手不足、生産コストの高止まりなどを抱える産地にとって大きなブレーキとなってしまいました。このように生産が減少していく中で、これまで以上に堅実な販売が求められ市場としての責任となっております。また、買受人様からのニーズにお応えすべく昨年度より検討して参りましたWeb時間の前倒しを10月末よりスタートさせていただきました。さらには、働き方改革に伴う対応も企業として求められており順次行なって参ります。このような課題を抱える中「卸売市場の活性化と社会に貢献する必要とされる市場であること」を狙いとした改正市場法が6月から施行され取引や物の流れの変化が始まりますが、弊社としましても「必要とされる市場」を目指して対応して参ります。
業界としても生産から販売まで課題は山積しておりますが、しっかりと状況を把握しながら卸売市場の責任を果たすべく社員一同全力で向かって参ります。

 結びに、花き業界の新たな出発と皆様のご健勝とご繁栄を祈念申し上げ年頭のご挨拶とさせていただきます。

                                            京都生花株式会社
                                            代表取締役社長 近藤和博


スポンサーサイト



line
プロフィール

FC2USER847228QIC

Author:FC2USER847228QIC
京都生花BLOG
「+α」(プラスアルファ)
情報システム課からの発信です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top